ハイドロキノンの市販品はやめておけ!

今さら知った正しいスキンケア法

メイクを落とし洗顔をして化粧水乳液美容液を付ける・・・スキンケアとはそういうものだと思って生活をしていました。

 

しかしそれぞれの工程を丁寧にやらないと毎日のスキンケアも全く意味のないものになってしまうと気づいたのはつい最近のことでした。

 

まずメイク落としについて。

 

メイク落としは大きく分けてオイルとクリームの2種類になりますが、肌に優しいのはクリームタイプなのだそうです。

 

オイルタイプのほうが短時間できれいにメイクを落とせるイメージですが、肌に必要な油分まできれいさっぱり落としてしまうそうです・・。

 

もともと乾燥肌の私ですが、この話を聞いてから必ずクリームタイプのメイク落としを使うようになりました。
しっかりメイクを落とした後は洗顔です。

 

まずはなめらかできめ細かい泡を作ります。

 

空気を含ませて泡立てることが大事です。

 

洗顔中のマッサージですが、汚れを落とそうとごしごしこすってはいけないという点が一番大切です。こする=たるみの原因につながるので正しい方法でマッサージをしないとどんどんたるんでいってしまいます・・・。

 

こするのではなく洗顔泡を肌に対して垂直方向にゆっくり押して引く、これを繰り返すと毛穴の汚れも取れ肌にかかる負担を最小限に抑えてくれます。

 

メイク落としも洗顔もごしごしこすってはいけないというのが大切です。洗顔後は最低30回以上ぬるま湯で洗い流し清潔なタオルでしっかり水気を取ります。

 

化粧水のスキンケアについて。洗顔後はなるべく早めに化粧水をつけなければなりません。化粧水をコットンに含ませてパッティングするのが一番肌に浸透しやすいそうです。

 

力を抜いて優しくパッティングすることで肌への負担も減ります。乳液も肌を動かさず優しく塗りこみます。
これらが肌へのストレスを最小限に抑えたスキンケア法になります。

 

自分が今までやっていたスキンケア法は肌への負担しかなかったと思うと恐ろしいです・・・。今は丁寧にやろうと毎日心がけています!

 

話は変わりますが、化粧水・乳液・美容液この3つの中で高額な物を使ったほうがいいものがあります。それは美容液です。

 

化粧水・乳液は質より量、お金をかけるなら美容液だそうですよ。