本文へスキップ

スキンケアしてますか?

スキンケアしてますか?

スキンケアしてますか?



洗顔や保湿に気を使っているのに中々肌の調子が良くならない。そんな方は腸内環境を良くしましょう。
『便秘になると肌が荒れる』そんな経験ある方は多いんじゃないでしょうか。本来なら体外へ排出されるものが体内へ残ると老廃物が停滞し、お肌に悪影響を与えます。美肌になるにはまず美腸から。

〜美腸になるには〜
?食物繊維をしっかりと摂る。
食物繊維は『水溶性食物繊維』と『不溶性食物繊維』の2種類があるのでバランス良く摂ると良いです。ネットで検索すると何に多く含まれているかすぐ分かりますので調べてみて下さい。

■水分をこまめに摂る。
食物繊維を身体に取り込んだら水分をしっかりと摂りましょう。水分が少な過ぎると逆に腸内に食物繊維が溜まってしまい、オナラなどの原因になります。また朝目覚めてからコップ一杯の水を飲むと腸に刺激が伝わり朝のお通じが良くなります。

■カフェインは避ける。
水分を摂る際に、コーヒーや緑茶はなるべく避けましょう。カフェインの利尿効果でせっかく摂った水分が尿として排出されてしまいます。最近ではカフェインレスのコーヒーも販売さているのでコーヒーが飲みたい方はそちらを飲みましょう。

■乳酸菌を摂る。
腸内環境を良くするといえば真っ先に思い浮かびますよね。ヨーグルトやチーズ等で摂取しましょう。ただお腹の調子が悪い時には乳製品はとらないほうが良いそうです。

以上の事項を参考にバランスの取れた食事や適度な運動を心がければ美腸になれるはずです。



食事に気をつけているはずなのに肌が荒れる方は必要な栄養素が足りていない可能性があります。そんな時は『分子整合栄養学』に基づいた血液検査があるので一度検査してみてはいかがでしょうか。『分子整合栄養学検査』は検査項目が60〜70にわたりどの栄養素が足りていないか、または摂りすぎかなどもわかる為、どの栄養素が必要か抑えるべきなのかが目に見えてわかります。後は結果にそった食事の改善をすれば美肌への大きな一歩になるでしょう。

身体の中からスキンケアで美肌美人を目指しましょう!